01451

言語の教本は模範的な使い方を教えるためのものなので日常的に使われている言葉とはずれが生じることがります。
日本語学習の教本ではなかなかお目にかからないけど日常ではよく使われている日本語の言い回しについて海外の掲示板で語り合っていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
日本に住んでいる/住んでた人へ、日本語学習では聞いたことがないけど日本で暮らしてたら耳にするフレーズは何?
できれば若干上級向け/あまり言及されたことのないものに興味がある!

●comment
日本語の教本では目にしたことがないけど”聞き取れなかった”は凄く便利だよ。
教本通りに”すみませんもう一度ゆっくり言ってください”と言うと別の言い方をしてくるか英語に切り替える人が多い。
”聞き取れませんでした”というともう一度同じ言葉を言ってくれる。

●comment
↑名詞の” 聞き取り”でもいいのかな?

●comment
↑いや、”聞き取れなかった”は”I didn't catch that”という意味のよく使われてる言い回し。
上で言っているように教本に出てくる例よりも便利だし自然だ。

●comment
逆の質問になるんだけど、感謝を述べたら本当に”どういたしまして”と言うの?
教本には載ってるけどテレビや動画でそう言ってるのを見たことがない。

●comment
↑”どういたしまして”は誰かに対して凄く恩義になることをした場合に言う言葉だね。
”you're welcome”と同意味ではなくてどちらかというと”そんなに感謝されるほどのことではありませんよ”という意味に近い。
なので正しい使い方をしないと返って失礼になったり仰々しくなってしまう。

何らかの形で両者に恩恵がある場合によく聞くフレーズは”こちらこそありがとう(ございます)”だね。
ちょっとしたことなら”いいえ”と返す。

●comment
↑日本にいる時に鞄から何かを落としてしまった時に後ろにいる人が拾ってくれた。
お礼を言ったら”どういたしまして”と返してきたよ。
東京の大学に日本語の勉強をするために留学してた時だったから、自分のために教本のような返し方をしたのかもしれない。
それ以外で”どういたしまして”を聞いた覚えはそんなにないな。

●comment
よく聞くのは”いいえいいえ”。
誰かに感謝された時に返す言葉ね。
”どういたしまして”は聞いたことがないけど周りは20代、30代初期ばかりの環境だからかもしれない。

●comment
自分の経験だと英語でも”you're welcome”はそんなに言わないんだよな。
個人的にそれを言うと”その通り、君は僕に感謝してるはずだ”と言ってるような気持になる。
誰かが自分に感謝してきた時は”no problem”とか、やりたくてやったことだから的なことを言ってる。
あるいはありがとうを返したり。

●comment
↑自分の兄弟が高級ホテルで働いてた時は”no problem”と言ってはいけないと教えられたらしい。
外国の宿泊客はその言葉から”problem”の部分だけを聞き取って何が問題なのかと聞いてくることがあるかららしい。
直接的な表現が可能な場合は否定形を使用しないようにという一般的なアドバイスでもある。

●comment
普段はお客がありがとうと言って来たら”no problem”と返してたけど高齢のお客に”you are welcomeと言え!”と怒鳴られてからは止めた。

●comment
年代的なものでもあるな。
子供たちには”you are welcome”と言うように教えているけど現実的には40代以下はみんな”大した迷惑にはならないよ”と言う意味で”no problem”と言っていて”you are welcome”は傲慢のように感じてる。
そして年配の人たちはその反対の印象を持ってる。
イギリス人が挨拶のように言ってくる”alright?”とか”you alright, mate?”をアメリカ人は心配してるように感じるのと同じだね。

●comment
日本語のyoutuberの動画でも”どういたしまして”は傲慢に聞こえることがあると言ってるのを何度か見たことがある。
”君は私に感謝すべきだ”という意味に聞こえることがあるから”いえいえ”とか”大したことない”の方がいいと言ってた。

●comment
”you are welcome”と言う場面だったら”とんでもない”の方が一般的だね。
公式な場でも使われたりする。

●comment
レアケースかもしれないけど”どういたしまして”は学校で何度か聞いたことがある。
自分も言ったことがある。
それ以外の場合だったら”はい”、”いえ、問題ないです”、”あいよ”と言ってる。
最後の言い方は友達から教わった。

●comment
よく聞くのは”なんも”とか”なんもなんも”。
”いいえ”と言った後にその言葉を言うことが多くて、最後に”さー”が付くこともある。
ちな北海道。

●comment
日本に来てから知った言葉で好きなのは”社畜”。
教本で目にしたことはないし、会話に出てくることも滅多にない。
仕事の文句を言う時に使う言葉だ。

教本に載ってるかどうかはわからないけど”そのままでいい”もよく使われてる。
別に上級者向けではないけどね。

理解した時に使うのは”承知しました”。
教本で”分かりました”と言ってるケースで使う。

メールで質問を連投する時に使う”五月雨式”。
”sorry to keep emailing you about ○○”という文と同じような意味。

●comment
↑自分も”社畜”という言葉は好きだ。
自分がそれを言った時は会社の年配社員は意味を分かってなかったけど若い社員は理解してた。
五月雨式は聞いたことがなかったけどクールだな!

●comment
友達は苛ついた時に”うざい”とか”ムカつく”と言ってる。
どちらも教本には出てこないと思う。
日常会話の言葉なのでフォーマルな場では使わないように。

●comment
↑漫画に出てきたのは見たことがあるけど日常会話でも使うの?

●comment
↑よく使うよ。
でも礼儀正しい言葉ではないので注意!

●comment
”Tポイントカードお持ちでしょうか?”

●comment
↑笑ったけど事実だ。
どこでも言われる。
レジ袋が有料になった今は”袋どうされますか?”も追加で。

●comment
↑それは気付かなかった!
幾ら位?

●comment
↑サイズによって変わるけど5円位。

●comment
レストランで注文をし終わった時に言う”以上で”。
これでウェイターは注文が終わったことを知れるというわけだ。
オーストラリアの大学での4年間の日本語学習では聞いたことなかった。

●comment
↑大学以外で日本語に触れるような勉強をしたことある?
アニメでは何度も聞いたことのある言い回しだ。

●comment
↑日本の映画を見たり音声を聞いたり。
アニメは嵌ったことがなくて。
日本に来て友達と一緒に昼食を食べに行った時に初めて聞いたよ。

●comment
日本人の友達が外国人の謝り方は過剰だと言ってきたことがある。
”すみません”と”ごめん”と多用しすぎるのだとか。
あとは”とても”という言葉は滅多に使われていなくて、”めちゃくちゃ”、”超”、”めちゃ”を使ってる。
個人的に好きなのは山口弁の”ぶち”。
あとは夏だったら”あつっ”、冬だったら”さむっ”。

●comment
↑そういう文化的な部分は凄く面白いね。
翻訳で失われてしまう習慣の違いって奴。
前にドイツ人の友達に歩いていて他人とちょっと触れ合ってしまった時に何と言えばいいのか聞いたことがあるんだけど、”そのまま歩けばいいんじゃ?誰も気にしないぞ”と言われた。

●comment
↑それで2つ思い出したけど日本人は誰かが咳をしても何も言わないね。
※海外では誰かが咳をしたら”(God)Bless you”と言う習慣がある

もう1つは職場の飲み会を欠席する言い訳を見つけようとしてたら友達が”すいません、行けません”と言えばいいだけだと言ってきた。
自分の国だとそこまで直接的に言うことはないんだけど、そう言ったら”わかった”で済んだ。

●comment
>前にドイツ人の友達に歩いていて他人とちょっと触れ合ってしまった時に何と言えばいいのか聞いたことがあるんだけど、”そのまま歩けばいいんじゃ?誰も気にしないぞ”と言われた。
どいつで誰かとぶつかった時は誰とどの位強くぶつかったかによる。
ちょっと触れたくらいなら誰も気にしない。
年配にぶつかった時は”Verzeihung”とか”Oh, tut mir Leid”と言ってる。
子供だったら”Oh, tut mir Leid. Bist du okay?”、10代なら”Oh, sry”。
それでもドイツで一番一般的なのはやっぱり”Sorry”だと思う。
でも自分は時々礼儀正しすぎると言われるから何も言わないのが一番一般的なのかもしれない。

●comment
>個人的に好きなのは山口弁の”ぶち”。
広島で”ぶち”というのは知ってたけど山口でも言うとは知らなかった。
でも隣同士だからそれも納得か。

●comment
”やばい/やばっ”が載ってる教本に出会ったことがない。
”大丈夫”と同じ位みんな使ってるけどね。

●comment
誰かに質問する時は”すいません”と言って切り出すと思ってたんだけど”ちょっといい(ですか)”という人の方が多いみたいだ。

●comment
↑”すいません”はニュアンス的に誰かの注意を引きたい時に使うんだと思う。
その人が既に自分に気付いている時は”ちょっといいですか”が定番のフレーズなんだと思うな。
どちらも有効だから個人の好みとか、どの位礼儀正しくいきたいかによるのかも。

●comment
マジでええええ?

●comment
日本の大学に通ってた時は日本人も外国人もみんな”なんか”を2~3回繰り返してた。
いわゆる会話を埋めるための言い回し。
教授は嫌ってた。
英語の”like”と使われ方は全く同じ。

●comment
”渋い”
趣がある、洗練されている、風雅という意味的な言葉なんだけど定義づけは凄く難しい。
日本の伝統芸術や昔の音楽に入り込むとたくさん聞くことになる。

●comment
↑知らなかった!
”bitter”という意味だと思ってた。
文脈で変わるんだろうね。
教えてくれてありがとう!





言葉は時代とともに変わっていくので教科書では現代使われている言葉とずれることもよくあります。
日本での英語の教科書も同じで、英語圏内では”Thank you”と言われた時に”You are welcome”と返すことも少なくなってきているようです。




B07DK7BCGS
一番伝わる説明の順番