01663
Fg2, Public domain, via Wikimedia Commons

今年は気圧配置の影響で日本海側に寒気が入り込み、各地で大雪となっています。
日本で初めて雪国である石川県に引っ越したという人が暮らしのコツを聞いていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
ちょうど石川県に引っ越したところなんだけど、2021年末最大の大雪が降ったところみたいだ。
日本には10年以上住んでるけどこういう気候のところには住んだことがない。
17カ月になる自分の子供は雪に怯えてる。
子供を連れて行くのに良い場所はあるかな?
図書館とかコミュニティセンターとか屋内の遊技場とか。
何かお勧めはある?
それから他の親子と知り合えるようなグループやイベントにも興味ある。
あと、馬鹿げた質問かもしれないけど(※雪国では)どういう服装が良いんだろう?
雪が降ってる時に温かく乾燥しておくためのコツはある?
履くべき冬靴はどれだろう?

●comment
自分はカナダ人。
とにかく防寒には重ね着が有効。
寒すぎる時はズボンの下にパジャマを履いておくといいよ。
ウールは温かいけど暑くなりすぎないし汗を発散させることができる。
化繊は暑くなりすぎるし汗が逃げていかない。
風とか雨の経験があるなら一番外にアウターシェルを着て風で熱が逃げていくのを防いで内側はウールにしておけば汗で濡れることがない。
スカーフも良いね。
熱は首元から逃げていくことが多いから。
まず買うとしたらスカーフかな。
足下を乾燥させておくのは上手くないからそれは他の人の意見の方が良いかも。
父親は釣り用の長靴を履いていて靴下が濡れた様子がなかったから効果あるんだと思う。

●comment
フィンランドにはこういう言葉がある。
”天気が悪いんじゃない、着ているものが悪いのだ”、と。

●投稿主
↑覚えておく。
素晴らしいものの見方だね!

●comment
スウェーデンにも同じ言葉がある。

●comment
↑ノルウェーにもあるぞ。

●投稿主
>とにかく防寒には重ね着が有効。
ありがとう!

●comment
↑ユニクロのヒートテックは素晴らしいよ。
3種類のレベルがある。
今もヒートテックの上下をベースに着てこの文を打ってる所。
あと足を濡らさずにいるためにはビーンブーツを買うか別途ゲイター(※足カバー)を買って付けるのが良いと思う。
冬用ブーツやハイキングブーツも色々あるよ。
違いは防寒素材が入ってるかいないか。
防寒素材が入ってるのは便利だけど夏は暑すぎて履けないと思う。
ファスナー付きのブーツを買うなら(脱ぎ履きするのに便利)止水ファスナーのものを買うこと。
膝まで埋まる雪がどの位降るかによってはやりすぎかもしれないけど、考慮すべき点ではあると思う。

●comment
靴に関してはソレル(※カナダのフットウェアメーカー)の製品は日本でも売ってる。
アイスランドに行った時は助かった。
ここ九州だとそんなに履く機会はないけどね。

●comment
自分は雪かきする時にスノーボードブーツを履いてる。
かなり良い感じだ。
あとホームセンターに行けば地元の人たちが雪かきする時に着るものが売られてるから安いのを買うと良いよ。

●投稿主
↑スノーボードブーツって歩きやすいの?

●comment
↑去年石川県のドンキで冬用長靴を買った。
(雨用長靴に似てるんだけど上に引き絞るための紐が付いていて雪が靴の中に入るのを防げるようになってる)
100%防水で上の方まである靴を買う必要があるぞ。
一番雪が酷い時は雪が家の中に入り込まないように玄関の前を雪かきする必要があるし、長時間雪の中にいたら100%防水じゃないと簡単に濡れてしまう。

●comment
ソレルの靴は好きだけど北陸/石川県だったらソレルよりもウェーダー(※胴付き長靴)の方が良い。
雪は降るけど道路にスプリンクラーが付いてるからシャバシャバになる。
ソレルのカリブーもいいけどね。

●投稿主
探してみる!
ソレルはカナダやロシアの冬用だね。
石川県で必要なのは濡れないためのゴム長靴。
防寒はそこまで必要じゃない。

●comment
自分もカナダ人。
スカーフと同じくらい帽子とミトン(手袋ではなく)も必須だと思う。
耳、鼻、指、つま先が痛くなってきたら寒すぎるのだと覚えていた方が良いね。
すぐにそれらをカバーすること。

●投稿主
↑なんで手袋じゃなくてミトンなの?

●comment
↑ミトンは指が同じ空間内にあるから互いに温め合える。
凄く寒い時は手袋よりもミトンの方が良いんだ。

●投稿主
↑なるほど!

●comment
素晴らしいアドバイスだけど自分ならニット帽を追加するかな。
あとは派手でもお洒落でもないけどネックウォーマーの方がスカーフよりも簡単。

●投稿主
↑良いね!
ちょうどクリスマスプレゼントに3人分貰ったところだよ!

●comment
↑あと手袋でも問題ないよ。
自分は石川県よりも寒くてカナダとほとんど気候が同じ北海道に住んでるけどローソンで数百円で買った手袋を使ってる。
凄く良いよ。
靴下と素足の違いみたいなもので、1枚纏ってるだけでも断然温かい。

●comment
足を濡らさないことが大事だね。
自分なら冬用の靴下と長靴にする。
防寒ブーツは防水じゃないことも多いから。
自分が赤ちゃんだったことは母親は靴の中にパンの袋を入れて足が濡れないようにしてたと言ってた。
あとは手を温かくするように。
子供の頃に手が凍傷になって大人になってからもその跡が付いたままの人を知ってるから。

●comment
靴はゴム長靴が良いと思う。
フェルトの中敷きが入ってるものは防寒性能が高い。
もちろん分厚い靴下も。
自分は雪が入ってこないように丈の長いのが好きかな。

●comment
自分もカナダ人だけど助言としては出来るだけ外に出ることだね。
それが冬を楽しむ唯一の方法だ。
スノーシューを家族分用意してあとは赤ちゃんを乗せるためのソリも。
スキーはどんなジャンルでも楽しいよ。
地元の団体を探してみると良いんじゃないかな。
コミュニティ内には貸すためのギアもあるかもしれない。
それから雪の露天風呂は最高だ。

●投稿主
↑良いアドバイスだね。
雪を知るのが楽しみ。
まずはホームセンター/ワークマン/ユニクロに行ってちゃんとした雪用のものを買ってこないと。
ありがとう!

●comment
↑恐れず店員に聞いてみることだね。
みんな自分たちの製品をよく知ってるし地元に住んでるわけだからきっと助けになってくれるはず。

●comment
わかりきったことかもしれないけど雪降ってすぐに車を運転する時はルーフも含めて雪を全て落としてから運転してほしい。
ルーフに雪が乗ったままだと運転中に後ろに落ちていって後方の車の視界を塞いでしまい、事故に繋がることもあるから。

●comment
富山県より。
またもどっさりと降ったね。
リサイクルショップにこっちの気候に合った状態の良いブーツが売ってるよ。
膝丈まであるソレルのブーツを4000円位で買った。
それまでは庭仕事用の薄いゴム長靴に靴下を重ね履きして、ズボンも重ね履きして外側のを長靴の外に出して雪を防いでた。
結構良い感じで去年2mの雪が降った時も大丈夫だったね。
でももっと防寒できるものの方が良いけど。
他の人も言ってるように重ね着、スカーフ、良い靴、それからサングラスかな。
雪の照り返しに長時間当たっていると頭痛がしてきちゃって。

●comment
初めて日本に来た時に石川県に4年間住んでた。
今も義理の家族の家でお正月を過ごすために戻ってきてる所。
素敵なところだし田舎が好きならきっと気に入ると思う。
金沢から南に車で20分下ったところ白山に巨大なイオンがあるよ。
凄く大きいから今日みたいな天気の時に色々回れる施設が揃ってる。
あとは小松にもイオンがあるし、福井にある恐竜博物館も良いと思う。
着るものについては地元の人たちはゴム長靴や防水の靴を履いてることに気付くと思う。
地元のホームセンターに行ってゴム長靴と防水のアウターを買うと良いよ。
あとはみんなもお勧めしてるようにインナーは重ね着で。
一里野や白山にスキーに行くならスノータイヤとチェーンも必要だね。

●comment
お金に余裕があるならスポーツ用品店やモンベルの製品が良いよ。
特にメリノウールの長袖(モンベル)。
安いのだったらユニクロやワークマン。
肌に触れるものだったら化繊よりもウールの方が断然良いけど値段は高い。

とりあえずはホームセンターに行ってゴム長靴を買うと良いんじゃないかな。
雪が降ったあとで暖かくなると通りが水びたしになるから。
いつもそうだから膝まであるゴム長靴がちょうどいい。
寒い時はその中で靴下を重ね履きする。
石川は素晴らしいところだよ。

●comment
このサイトが子連れで行ける場所を一覧にしてる。
翻訳が上手くいくと良いんだけど。

●投稿主
↑こういうのを探してた!

●comment
子供もきっと雪を好きになると思うよ。
温かい服を買ったら加賀温泉に行ってコタツの中で蟹を楽しんでほしい。

●投稿主
↑それってちょっと良すぎじゃない?
楽しみ!

●comment
石川にようこそ!
北?南?

●投稿主
↑ありがとう!今は金沢。

●comment
↑金沢は凄く良いところだよ。
是非おでんを食べてほしい。
もしイタリア料理が好きなら2軒凄く美味しいお店がある。
『uva uva』と金沢エムザ地下にある『スパゲッテリア ヨシムラ』。

●投稿主
↑ありがとう!






雪国ならば靴の中に雪が入ってこないように、自然と長靴になっていきます。
とりあえずホームセンターかワークマンで装備を揃えるというのはどこでも同じようです。
雪かきなど苦労もありますが、スノートレッキングやスキー、雪見風呂など雪国ならではの楽しみもたくさんあります。




B0991R46RX
るるぶ石川 能登 輪島 金沢 加賀温泉郷(2022年版) (るるぶ情報版(国内))