01817
image credit:reddit.com

日本の漫画は海外でも人気になってきており、コレクターも増えてきています。
しかし数が増えると管理も大変になっていきます。
漫画をどのように管理しているか海外の漫画コレクターが語り合っていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
みんなはどういう風に漫画を管理している?
手書きで記録してる?それとも何かアプリを使ってる?
ちなみに自分は1000冊くらいをカタログ化しようとしている。

●comment
googleドキュメントとスプレッドシートを使ってるけど情報更新が追い付いてないから諦めて記憶だよりにしてる。
スプレッドシートに何巻まで持ってるかを記録してるけど最新ではなくなってるから本棚の写真を撮って何巻まで持ってるのか思い出す助けにしてるな。

●comment
何かを使うほどの分量にはなってないな。
大量に持ってるならgoogleスプレッドシートやExcelが役に立つんじゃないかな。

●comment
何を持っているかは覚えてる。

●comment
ノートにあらゆるものを記録してる。
読みたい漫画、見たいアニメ、既に読んだ/見た作品、予約中のフィギュア等々。
もっといい方法に移行しようとも思ってるんだけどノートが自分に一番合ってる。

●comment
MyAnimeList(※D.N.Aが運営する海外向けアニメ情報SNS)を使ってる。
漫画のセクションで最後に呼んだ巻や章を記録しておけるぞ。
Android版アプリがあるからiOS用のもあると思う。

●comment
記憶してるけど近いうちにgoogleスプレッドシートを使う予定。

●comment
圧倒されるまでは手書きでいくつもり。
いずれExcelにしようかなと。
悩んでるのはオムニバス版を1巻とするか、基本的には3巻分の内容が入ってるから3巻と数えるかということ
※海外では単行本3巻分を1巻にまとめたオムニバスとして出す場合もある

●comment
スマホのノートアプリに記録してる。
かなり簡単だぞ。

●comment
160冊ちょいしか持ってないからどの作品をどの巻まで持ってるのか覚えるのは簡単。

●comment
持ってるほとんどの漫画はExcelに記録してる。

●comment
正直言うと記憶。
何を持っていて何を持っていないのかはほとんど覚えてる。
後は成長度合いを記録するためだけに定期的に本棚の写真を撮ってる。

●comment
本棚を眺めるだけ。
買いたい漫画は小さなドキュメントにしてるけどね。

●comment
Androidのアプリを愛用してる。
簡単に読み取れるし制限もないし無料だ。
Excelなんかよりもお勧めだよ。

●comment
本棚の写真を撮ってるのとスマホにノートを付けてる。
本棚の写真とノートを見比べながらどの作品の7巻と12巻と14巻を買わなきゃいけないかを把握してる。

●comment
BookBuddyというアプリがお勧めだぞ。
無料分で登録できるのは50冊までで、有料分もは1回だけ5ドル(※600円)払えばいいだけ。
完璧にそれだけの価値がある。
ISBNコードをスキャンするだけで表紙やジャンル、時にはあらすじまで読み込んでくれる。
いろんな本をカテゴライズできるから漫画、アメコミ、普通書籍を別々に分けることも可能。
どのくらいの本を持ってるかわかるし使いやすいぞ。

●comment
自分はBookBuddyというアプリを使ってる!
Libibというアプリも良いぞ。

●comment
Excel。

●comment
漫画を集め始めてからずっとマイクロソフトOneNoteを使ってる。
クラウド保存できるから消える心配をしなくていいし。
自分が持ってる漫画を完結済み、追いかけ中、収集中に分けて、何巻まで出ているか、何巻まで持っているかでもわけて新刊がいつ出るか、自分がどこまで持っているのか分かるようにしてる。
ハイライトも使ってわかりやすくしていて、自分にはこれが凄く合ってる。

●comment
librarything.comというwebサービスを使ってる。
iOS版は知らないけど少なくともAndroid版のアプリはある。

●comment
AppleStoreにあるLibraryThingというアプリを使ってる(Androidにあるかどうかは知らない)
バーコードをスキャンしたらデータを格納できる。

●comment
ExcelとLibibというアプリ。

●comment
正直いうと記憶。
そんなに漫画は持ってないから覚えてられる。

●comment
ネットで買う時は部屋にある漫画をチェックするだけ。
本屋で買う時は重複してませんようにと祈りながら買う。
(可能だったら読んだことがあるかどうか立ち読みする)

●comment
googleスプレッドシート。

●comment
普段は記憶してるけど特定の巻なんかを探す時は(紙やスマホに)自分が持ってる巻と持ってない巻を書き出しておく。

●comment
Apple NumbersかExcelに持ってる巻と持ってない巻、読んだことかあるか読んでないかを記録してこれは漫画であるというアイコンを貼ってる。
数週間、数か月経ってこの数字がどんどん増えていくのを見るとワクワクするね。

●comment
まだそこまで大量にコレクションしてないから頭に全部入ってる。
自分の漫画コレクションの90%は今も追い続けてる4作品で占められてるから買い忘れるということもないし。
もし覚えきれないくらい増えてきたらその時はExcelを使おうと思ってる。
表計算ソフトはこういうソートにぴったりだからね。

●comment
スマホのノートアプリに持ってる漫画を全部記録してチェックリスト化してる。
持ってるものにはチェックを入れて、探し中のは空欄にしてる。

●comment
ExcelとGoodReads(※Amazon傘下の読書管理アプリ)の複合。

●comment
スプレッドシートをスマホとiPadで同期させて新しいのを買うたびにデータを更新してる。

●comment
漫画もアメコミも全部本棚アプリで管理してる。

●comment
本棚の写真を撮って買う時はそれをチェックしてる。
それでも重複買いしてしまうこともあるけど。

●投稿主
↑ウォルマートなんかに行って漫画を見かけた時、それを既に持ってるかどうか思い出せないのが問題なんだよな。
最新巻かどうかとか。

●comment
iPhoneのノートを使ってる。
1作品しか追いかけてないからこれで充分。

●comment
むしろなんでみんなが漫画を管理しなくちゃいけないのかが不思議。
自分は既に持ってる漫画に関しては全く問題なく覚えてる。
扱いきれなくなってきたら数を減らしてる。
あとは本棚の写真を撮っておいてそれで確認するだけ。

●comment
1作品しか買わないようにしてる。
それだったら今も連載中だったとしても覚えていられるし、忘れた時はスマホで撮った写真を確認すればいいだけ。
漫画を買った時は友達に伝えるために写真に撮るから。
あとは買ったか予約中か忘れた時はネットの購入履歴を確認してる。

●comment
iPhoneのノートアプリが便利だよ。
本屋で買ったか買ってないか忘れた時はそのアプリを立ち上げればいいだけだし。

●comment
表計算ソフトを使ってるけど全部覚えてるな。

●comment
既に持ってる漫画リストではなく買いたい/買う必要があるリストを作ってる。
こっちの方が楽だから。
それが連載中の作品だったら買いたい巻(あるいは新巻)だけをリストして発売されたら更新するだけで良い。
完結した場合はそのリストから削除する。
読んでる漫画に関してはMyAnimeListで管理してる。
こうしておけば完結済みの作品で持っているかどうかわからない場合はすぐにチェックできるからね。

●comment
本棚を確認すればいいだけでは?

●投稿主
↑既に本棚が幾つも満載なんだ。
1000冊以上持ってるから。

●comment
管理してない。
重複買いしたことだって何度もある。

●投稿主
↑セールしてるから買って、その後で既に持ってたことに気付くのはあるあるだね。

●comment
↑その気持ちはよくわかる。
”安いじゃん!速攻で買わないと”と買って、届いてから既に持っていることに気付く。





表計算ソフトで管理するという人や、最近ではスマホの本管理アプリを使う人も増えているようです。
本棚の写真を撮って買う時にその画像で確認するという人も。





4088831047
タコピーの原罪 下 (ジャンプコミックス)