01984
image credit:reddit.com

ヤマハが受注生産で販売しているナイケンは前方に2つのホイールが付いた三輪バイクです。
ナイケンを見た海外の反応です。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●comment
ヤマハ・ナイケン
01984
image credit:reddit.com

●comment
ゲーム『デス・ストランディング』に登場したリバーストライクを作ったのか?
※前にホイールが2つあるトライク(三輪バイク)をリバーストライクと呼ぶ

●comment
これはどういうアドバンテージがあるんだろうか?

●comment
これだけホイールが近接してるのならどういう利点があるんだろうか?

●comment
この世で最後に乗るバイクはこれにしたい。

●comment
『デス・ストランディング』に出てたのは凄く良かったな。

●comment
フランスに行った時にこういう三輪バイクをよく見かけたな。
警官も乗ってたくらいだ。
かなり人気があるみたいだった。
このバイクの方がかっこいいけどね。

●comment
よく似た形状の電動アシスト自転車もあるぞ。
安定度が増すという考えは同じだと思う。
で、電動アシスト自転車の場合はオフロードに向いてるんだろうな。

※カリフォルニア州にあるルングというメーカーが開発した三輪の電動アシスト自転車
01985
image credit:riderungu.com

●comment
好奇心として乗ってみたい。

●comment
誰かが買ったものかと思ってたけど値札を見たら……
※10595ポンドは約173万円

●comment
こういうのはパリだと割と普通に見る。

●comment
三輪バイクって最近は普通じゃないか?
何日かに1回は見かけるぞ。

●comment
↑フロント二輪はそうでもない。
これはカンナム(※カナダのバイクメーカー、三輪ロードスターのカンナムスパイダーを製造販売している)に似てるけどそっちはスノーモービルをタイヤにしたような感じだ。

※カンナムスパイダー
01986
Rainmaker47, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

●comment
↑そっちもフロント二輪だけどナイケンほどクールではないな。

●comment
フロント二輪のスクーターはいくつかあるな。
ピアッジオ・MP3はヨーロッパだと結構見かける。

※ピアッジオ・MP3
01987
ChristopherMagoo at English Wikipedia, Public domain, via Wikimedia Commons

●comment
↑その通り!

●comment
ナイケンは普通のバイクみたいに傾けることができるんだよな。

●comment
↑他の三輪バイクは違うのか?
他のは傾けられない?

●comment
↑リーニング3ホイールはヤマハだけじゃないけど(ヤマハがスクーターを出してるし他社も出してる)、トライクと聞いてぱっと思いつくハーレーダビッドソン・トライグライドなんかは傾けられないね。
トライクがバイクのカテゴリに入らない地域だったらもっと色んな選択肢があるかも。
個人的に傾けられるトライクを肉眼で見たことはないね。
バイク以上の安定性があるようには見えないし重量と複雑さが増してるから奇妙なデザインではあると思う。
最高にクールではあるけどね。

※ハーレーダビッドソン・トライグライド・ウルトラクラシック
01988
Cullen328 (Jim Heaphy), CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

●comment
しかしなんでこんなデザインなんだ?

●comment
↑フロントのグリップ力と安定性が増すから。

●comment
急ブレーキ時の転倒率も下がるだろうな。

●comment
良いバイクではあるがハーレーよりも高いな。
850ccで希望小売価格1万6000ドルか。

●comment
↑ハーレーよりも技術がつぎ込まれてるぞ。
ヤマハ・TRACER9 GTに乗ったことがあるけど凄いエンジンだった。
※ナイケンもTRACER9 GTもMT-09と同系の三気筒エンジンを積んでいる

●comment
こういう型に嵌らない考えが好きだ!

●comment
 Ryan F9(※海外のバイク系youtubeチャンネル、FortNineの運営者)が良いレビュー動画を作ってたな。
上手くできてるけど普通のバイクで培ってきたセンスに頼れないからライディング感覚が奇妙に感じるらしい。


●comment
MP3のような三輪バイクでもヤマハが作るとかっこよくなるな。

●comment
三輪でしかも三気筒だ。
エンジンはMT-09のを使ってるからな。

●comment
自転車レースの撮影用にこういう三輪バイクを使ってるのを見たことがある。
サイクリストが坂を上る時とか、低速でも安定してるからだと思う。

●comment
↑確かにツール・ド・フランスの映像で毎年見かけるな。
※ナイケンはツール・ド・フランスの先導車/撮影車として使われている

●comment
ナイケンGTに乗ったことあるぞ。
奇妙ではあるけどみんなが思ってるようなものではなかった。
感覚は重いんだけど取り回しはスポーツバイクみたいだ。
傾ける時に力を入れる必要はない。
普通のバイク(ちゃんとしたタイヤと空気圧の)みたいに体を倒すだけでいい。

●comment
キックスタンドなのか?
三輪バイクって自立すると思ってた。

●comment
↑前方の二輪はバイクを支えられるくらい離れてはいないからね。

●comment
↑間隔の問題というよりは二輪が同調してるかどうかだな。
これは普通のバイクみたいに自然と傾くようになってる。
なので重力で倒れこむんだ。

●comment
こういうのは好きでもあるし嫌いでもある。
ほとんど理由のない奇妙さなんだけど、とにかくクールだ。

●comment
↑理由はちゃんとあるぞ。
前方に二輪あることでフロントのグリップ力が増すし普通のバイクよりもブレーキ力がある。
そしてそのおかげでリアのパワーを制御しやすくなる。

●comment
↑リアのパワーを制御するというのがどういうことなのか詳しく。

●comment
↑言葉が悪かったかな。
つまり、前が重たくなることできちんとパワーを伝えられるようになるんじゃないかと。

●comment
↑確かに前が重いからシミー現象(※車やバイクで車軸や車輪が振動を起こす現象:wikipedia)が起こりにくくなるだろうな。

●comment
↑あと路上の油を踏んだ場合も普通のバイクよりも滑らずに済むと思う。

●comment
場所によっては三輪バイクは車の免許が必要になるところもある。
だからこっちだとピアッジオ・MP3の売り上げがあまりよくない。

●comment
乗ってみたいぞ。
こういう風に中心線から外れたホイールでどのくらい傾けられるのか気になる。

●comment
↑43°でペグをこすり始めて最大傾斜角は45°。

●comment
↑それは興味深いな。
スポーツバイクレベルじゃないけどクルーザーと同程度まで傾けられるのか。
ブレーキングも申し分ないだろうな。
間違いなく凄く興味深いマシンだ。






2018年から生産が始まり、今も受注生産で作られています。
ナイケンは自転車レースの先導車や撮影車としても使われているそうです。





B093NXVBJ1
Motorcyclist(モーターサイクリスト) 2022年 7月号 [雑誌]