02015
image credit:reddit.com

日本には文房具メーカーが多数あり、品質の高い文房具を作り続けています。
ぺんてるのシャープペンシルが頑丈で全く壊れないと海外の掲示板で語り合っていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
ぺんてるのシャープペンシル、ツイストイレース0.7mm、日本製。
電気工学の専門学校で4年以上使ってるけど使い勝手の良さは買った時のままだ。
※ツイストイレースはぺんてるの海外モデルのシャープペンシル。

●comment
自分のは0.9mmだけどもう10年以上使ってるな。
(電気工学の専門学校で5年、現場で5年以上)

●comment
↑0.7mmと0.9mmを使ってる。
同じく電気工学畑だ。

●comment
0.9mmは最高だ。

●comment
↑学校で手書きで譜面を書く用に買った。
過去最高のシャープペンだね。

●comment
確かに0.9mmの書き味は凄く良い。

●comment
電気工学に進む人間は同じシャープペンシルをずっと使い続けることがあるな。

●comment
↑自分のはようやく芯を保持することができなくなったからぺんてるのグラフギア1000に更新できた。
0.5mmと0.9mm。
実に良いね。

●comment
自分は左利きなんでかすれを減らすためにもっぱら0.5mmを使ってる。

●comment
↑同じく。

●comment
3年生(1999年)の時からゼブラ・M301の0.7mmを使ってる。
今も普段使いしてるし仕事場でも取りやすい位置に置いてある。
(機械工学の専門学校で5年、現場で7年)
妻にこのペンの偉大さを説明したらクリスマスプレゼントで1ダースくれた。
でも一番古いのはそのペンとは混ぜないようにしてる。

●comment
4年間の学校生活でなくさずに済んだことが驚きだ。

●投稿主
↑実際それが一番の達成だと思う。
1つのものをこれだけ長く使い続けたのはこれが初めてだ。

●comment
↑これは絶対になくしたくないペンの1つだから探す時も真剣になる。
このペンは初めて自分の金でサングラスを買って以降、2年以上使い続けた初めてのものでもある。
機械工学の専門学校時の話だ。

●comment
↑だから自分は職場で高いペンを使うようにしてる。
その方が気を付けて使うし、どこに行ったのか常に把握するから。
安いペンは1日か2日でどっかに行ってしまう。

●comment
寝る時以外ずっと手にしてる物は滅多になくさないしな。

●comment
真面目な話、日本のペンやペン先は凄く使いやすい。

●comment
↑三菱鉛筆のクルトガは世界が変わった。

●comment
↑クルトガをお気に入りのペンだと言うと、なんで好きになったのか理由も説明もしなくちゃいけない。

●comment
ぺんてるはペンの世界で強すぎる。
エナージェルは細いペン先を持った爆弾で、書き味はまるで夢のようだ。
唯一の欠点は使い始めの頃はしばらく使わないでいるとペン先が乾きやすいこと。

●comment
しかも日本のペンは滅茶苦茶丈夫だ。

●comment
ユニ・ジェットストリームの0.7mm、赤と青がいい。
文字通りこれで何千ページも書ける。

●comment
自分は数学教師だけどこのシャープペンが一番好きだ。
シャープだし重量感があるからなくしにくい。
軸がピンク色をを愛用してる。

●comment
高校時代に同じのをずっと使えるようにと0.5mmを5本買ったからたぶん一生使えると思う。
文房具に費やした25ドルとして最高の使い道だったと思ってる。

●comment
↑0.5mmを使える人は凄いと思う。
自分は昔ながらの0.9mmのぺんてるを使ってる。

●comment
↑筆圧を軽くしなくちゃいけないし練習が必要だけど自分はかなり小さい字を書くからこの細かさは本当にありがたい。

●comment
2本持っていてそろそろ20年目になるけどこれは最高のシャープペンだと思う。
これより好きなボールペンはクルトガだけだな。

●投稿主
↑三菱鉛筆も素晴らしい製品を作ってるね。

●comment
このシャープペンの欠点は先が引っ込まないうえにかなり鋭いこと。
おかげでポケット越しに腿を刺されてしまう。
でも確かに日本のシャープペンは本当に最高だから安物からアップグレードする価値がある。
ぺんてるは消しゴムも一級品だ。

●投稿主
↑ポケットに入れて持ち歩いたことはないけど想像はつくね。
自分はペンケースに入れてるからこんなに長持ちしてるんだと思う。

●comment
↑確かにその失敗は二度としないと決めた。
個人的にはペーパーメイト(※アメリカの文房具メーカー)のphDが好き(これも日本製だ)だけどペンは個人の好みがかなり変わってくるからね。

●comment
自分もエンジニア(機械工学)だけどこのシャープペンは最高だね。

●comment
日本製だしな。

●comment
同じペンを中3の時に買った。
確か高1の時くらいになくして新しいのを買いなおして、それから大学の時もずっと使ってた。
今は使う機会も少なくなったけど11年くらいになるかな。

02013
image credit:imgur.com

●comment
日本の文房具はマジでレベルが違う。

●comment
自分も愛用してるけど0.5mmだな。
0.7mmだと太すぎて。

●投稿主
↑自分が0.7mmを好きなのは芯を研げば細く書けて、なおかつ太くて柔らかな字を書くこともできること。

●comment
消しゴムは何回くらい使った?

●投稿主
↑十数回かな。
普段はステッドラーのマルスを使ってる。

ステッドラー・マルスプラスチック
02014
James Tamim, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

●comment
良いね、自分はぺんてる・グラフギアを使ってるけど永遠に使える気がしてる。
総金属ボディで丈夫だ。

●comment
小学校の時に母親がこのシャープペンのことを教えてくれた。
母親はそれ以外のペンを使うと大抵壊してしまってたから。

●comment
自分のは15年になるけどそれでも自分のペンの中で最古参というわけじゃない。
一番古いのは中学の時に使ってたぺんてるのシャープペンシルで、1977年のものだ。

●comment
この0.5mmが大好きだ。
消しゴムも最高でよく消える。
大学に行く数年前に買って今は大学3年だけど今でも使ってるよ。

●comment
自分もこのシャープペンが大好きだ。
自分のは7年目になるな。

●comment
高校時代の愛用シャープペンだった。
なくしたと思うけど凄く良いシャープペンだったな。
関節炎持ちだから軸の太さで選んだんだ。
また買おうかな。

●comment
このシャープペンを何本か持ってるよ。
シャープペンはこれしか買ったことがない。
初めて買ったのは30年前で満足いく使い心地だった。
30年前に買った2本を今でも持ってる。

●comment
中学時代に使ってた!
どこに行ったかな……

●comment
大学時代に使いまくってたな。
なくしてないならまだどこかにあるはずだ。

●comment
自分は軸が細いのが好きなんでぺんてる・P205派。
なんにせよぺんてるは無敵だ。

●comment
このシャープペンはペン回しにもちょうどいいんだ。
バランスが良いし表面が滑らかだから。





学校時代に使っていて今も使っているという人が多いようです。
ぺんてるは海外にも広く展開していて、特に人気があるシャープペンはP205とのことです。








B0013NE3PQ
ぺんてる シャープペン グラフギア1000 PG1013 0.3mm