arisakavsenfield


第二次世界大戦中に使われていた銃火器は現在でも稼働するものが多数存在しています。
とあるアメリカ人がイギリスのエンフィールド303とアリサカ九九式短小銃を撃ち比べていました。
※標的の一番最後がアリサカで撃った物




↓この動画に付けられたコメント

スポンサードリンク


●アメリカ
ナイスオールドライフル。
シェアしてくれてありがとう。

●アメリカ
(アリサカの)7.7x58mmってかなりでかい弾だよな。

●アメリカ(動画主)
↑その通り。
第二次世界大戦中はほとんどの銃火器がフルサイズのカートリッジを使っていたみたいだ。

●イギリス
リー・エンフィールドは1800年後半から1970年までの中で最高のボルトアクションライフルだ。
イギリス軍や英国連邦諸国で80年に渡って使われてきた信じられないほどの銃なんだ。
他の銃、特に日本のはゴミ(piece of shit)だね。

●アメリカ
OK、確かにリー・エンフィールドは凄く良くできたボルトアクションライフルだよ。
だが、信用してほしいんだがアリサカは更に強いアクションライフルなんだ。
更に言うなら、アリサカをpiece of shitと言うのは非常に正しくない。
九九式ライフルのレシーバー(機関部)は当時作られたどのライフルよりも頑丈なんだよ。

●アメリカ(動画主)
↑同意する。
私はアリサカに高圧力をかけて暴発させようとした男についての古い記事を読んだ事があるよ。
結局その男は暴発させられなくて、最後にはバレルに蓋をして圧力の逃げ場をなくすことで暴発させたらしい。

●アメリカ
↑同意する人がいて嬉しいよ。
アメリカでまことしやかにまかり通っている日本の銃はガラクタだという評判にはうんざりしてるんだ。
日本の銃は本当に信頼がおけるっていうのにね。

●カナダ
うーん、君はどんな弾を使ったんだろうか?
三種類の弾を使った事は理解してる。
リムレスと…正しいサイズの弾を見つけるのは難しかったんじゃ?

●アメリカ(動画主)
↑私のは7.7x58mm日本用リムレス弾を使ってるよ。
30.06弾の真鍮薬莢をリロードして7.7mm弾にしてるんだ。
当時は真鍮が使えなかったんだよね。

●ベトナム
日本軍は第二次世界大戦で香港と東南アジアからイギリスを追い出したよね。

●ニュージーランド
↑その後イギリスは日本のインド侵攻を止めて、ビルマから追い出した事を忘れてはいけない。

●ベトナム
↑一方日本はアメリカとの戦いで忙しかったから。

●イギリス
303ってこんなにリコイル強かったっけ?
人によって変わるという事は知ってるけど、(イギリス落下傘部隊だった)祖父はリコイルはほとんどなかったと言ってたんだが。
トレーニングの差か?

●アメリカ(動画主)
↑フルサイズのNo.4ならリコイルも悪くないんだけど、ジャングル・カービンであるNo.5は1ポンド(約500g)軽いし、パッドも小さいから。
そういう事が重なってNo.5のリコイルは強くなるんだけど、酷いって程でもないよ。

●アメリカ
素晴らしいビデオだったよ。
ずっとリー・エンフィールドを欲しかったんだけど、自分はNATO弾が使えるIshapore(インドのボルトアクションライフル)にしようかな。
斜めになったマガジンカートリッジ以外はかなり似てるからね。
作りがしょぼいというのは聞いた事があるけど、他には何かないかな?

●アメリカ(動画主)
↑私も308のIshaporeに1年前から惹かれてるんだけど、未だ入手できずにいるよ。
Ishapore用のNATO弾は簡単に見つかるし、.303ブリティッシュ弾よりも安いね。
経験談すら聞いたことが無いからお勧めも否定も出来ないけど。

●アメリカ
俺は2A(.308のIshapore)を持ってるよ。
ざっくり言うとしっかりした銃だな。
サイトは山型だけど、昔ながらって感じで良いんだ。
この銃は醜くも黒く塗られてるからまるでステッキみたいだったよ。
下地は摩耗したブルーイングだった。
でもボアはほとんど手付かずだったな。
そのライフルはおそらく1ダースから数発程度しか撃ってなかったんじゃないかな。
インドは弾薬を買う金が無かったのかも。
かなりお買い得だったよ。

●イギリス
我が国のライフルが余裕の勝利だな(笑)

●イギリス
イギリスのライフルは弾が10発入るのを分かっているのだろうか。
軍用のフルスペックライフルにはそれが必須だと思うんだ。

●アメリカ(動画主)
↑イエス。
エンフィールドには10発入るんだが、装弾数5発のアリサカとテストするために5発だけ込めたんだ。
それに303ブリティッシュ弾は限られた数しか持ってないからね。

●イギリス
祖父は第二次世界大戦の兵士だったから、屋根裏かどこかにエンフィールドが眠ってるはずだな。
(イギリスの銃火器法があるから撃ってはいないはず)
祖父はステンガン(ステン短機関銃)も持ってたんだけど、ケント州の金持ちに売っちゃったんだよな。

●アメリカ(動画主)
↑素晴らしい。
君の家にまだエンフィールドがあるといいね。
非稼働化されてるかもしれないけど。
ステンガンもクールだな。

●ブラジル
銃オタクが崇拝するマウザーK98よりも優れていたのはアリサカだけだ。
対空用の照準器が2000mの射程を生み出し、敵の飛行機に対しても有効となったんだ。
クロック・オン・クローズのボルト機構は回転数でK98を上回っていたし、機関部は三八式歩兵銃に似ていて、第二次世界大戦時のどのライフルよりも頑丈だった。
色んなソースが第二次世界大戦中で最高の銃だったと述べているよ。

●フィジー
俺もアリサカ好きだな。
数年前に撃った事があるよ。
まだマーキングが残ってたと思う。
三八式歩兵銃の弾は6.5x50mmだったはず。
素晴らしい撃ち心地だったよ!

●アメリカ(動画主)
↑自分も6.5mmのアリサカを撃ったことがあるよ。
戦時中の7.7mmよりももう少し洗練されてたと思うね。

●イギリス
何でアリサカには対空用の照準がついてるんだろう。

●アメリカ(動画主)
↑私のには付いてないけど、アリサカには対空用のサイトが付いてるものがある事も知ってるよ。
飛んでいる飛行機に当てるのは凄く難しいし、撃ち落とすとなると更に難しいと思うけどね。

●アメリカ
次はスプリングフィールドM1903対アリサカで。

●ドイツ
ワオ、かの2国で使われていた銃か…
日本も頑張っていたし、ドイツが世界の半分を相手にしてた事は言う必要もないよね。

●アイルランド
あの戦争の東部戦線ではモシン・ナガンもよく使われてたんじゃないかな。
ソヴィエトが作ってばら撒きまくってたから。

●不明
カナダだとエンフィールドは400ドル位で、モシン・ナガンは更に安くて200ドル位だな。
自分の持っていたのはPoly-TECH M14とトレードしたよ。

●アメリカ
6年前にエンフィールドNo.4を買ったよ!
木製の銃床付きだ。
275ドルだったな。
素晴らしいライフルだね。
モシン・ナガンも数丁持ってるし、100ドルも出せば程度が良いのを変えるよ。
自分はアリサカもたくさん持ってるんだ。
好きなのは九九式だね。
前回は美しいのを手に入れたよ。
対空用の照準、ダストカバー、バヨネット、スリング(再製作版)、クリーニングロッドが付いてたんだ。
撃ち味はエクセレントで、自分の持っているアリサカはどれも品質に関して何の問題もないね。
7.7mmアリサカ弾はリムレスである事を除けば303ブリティッシュ弾と同じだよ。
日本人は303に感銘を受けて、それを取り入れて改良したんだろうね。
良い銃だよ。

●不明
父親から譲り受けた7.7mmの日本製ライフルを持ってるよ。
品質は極上で、ボルトアクションも完璧だ。
照準はこれこそ全てのライフルに必要な物って感じ。
とは言え、303ブリティッシュ弾のNo.4が好きなんだけどね。
日本の7.7mmも素晴らしいよ

●アメリカ
このエンフィールドのチャージャーには5つの穴が開いてるから、これはパキスタン製だな。
凄く良い出来なのにそのせいであまり注目されてないんだよな。

●イギリス
クール。
自分は我が国のライフルも日本のも好きだね。
日本のは終戦直前のは出来が良くないんだよな。
戦前や戦争前期のは凄く良い出来だよ!




壊そうと思っても壊せなかったという逸話はまさにメイド・イン・ジャパンという感じです。
対空用の照準器、実際に飛行機に当てたことはあったのでしょうか。

追記:誤訳を修正。ご指摘ありがとうございます。 

有坂銃―日露戦争の本当の勝因 (光人社NF文庫)
有坂銃―日露戦争の本当の勝因 (光人社NF文庫)
技術戦としての第二次世界大戦 (PHP文庫)
技術戦としての第二次世界大戦 (PHP文庫)
九九式長小銃 (モデルガン完成品)
九九式長小銃 (モデルガン完成品)
GIGANT 三八式歩兵銃 Tシャツ ブルー L
GIGANT 三八式歩兵銃 Tシャツ ブルー L