49ca339b.jpg


森薫の描く中央アジアを舞台にした花婿と花嫁の物語『乙嫁語り』の英語版2巻が販売されました。
1巻と同様ハードカバーでの出版となっています。
アミルを故郷に連れ戻すためにやってきたアミルの親族とカルルクの氏族の間の諍いが入った2巻はどのような感想だったのでしょうか。


引用元:10954336-a-bride-s-story-vol-2
スポンサードリンク



●マディソン、ワイオミング州、アメリカ
ちょっと登場人物には混乱するけど、それでも楽しい。
アートワークは相変わらずこの作品の最高の部分ね。

●マウント・バーノン、ワシントン州、アメリカ
戦いは無くても良かったかも。
自分の想像でのバイオレンスは楽しい物だけど、漫画(グラフィックノベル)でのバイオレンスは退屈なだけ。
でも物語は再び華やかで魅力的だった昔の時代の詳細な描写(刺繍のデザインとか)に戻ってくれた。

●ジャカルタ、インドネシア
ようやくこれを手に入れられて幸せ!
それと私はいつだって森薫先生の作画を楽しんでる。
アミルは遂に恋に落ちたんだね。
興味深い新キャラ、パリヤも登場した。

●オランダ
またもや凄くアメージングな作画!
あらゆるディテールを見て欲しい!
ストーリーも好き。
次の巻が本当に楽しみ。

●ユージーン、オレゴン州、アメリカ
最初の巻と同じく穏やかでシンプルなプロットだ。
驚くほど快適に読める。

●シカゴ、イリノイ州、アメリカ
森薫のディテールにこだわった作画、本物の歴史漫画を作るための入念なリサーチはアメージング、アメージング、アメージング。
私はこのシリーズが凄く好き。
日常風景を切り取った物語が続いていくのを見るのが待ちきれない。

●不明
星は3と1/2にしようか4にしようか迷っている。
作画はアメージング、この巻には刺繍がたくさん載っている。
2人の関係はより一層進んだけど、レーティングは相変わらず"Gレート(訳注:全年齢向け)"。
湯に浸かるアミルのノンセクシュアルなヌード以外は。
(今でもそれが必要だとは思えない。読者は彼女が大人だと知ってるんだから)
今回は文化や政治といった氏族に関しての話もより多く描かれている。
この巻では新しい”花嫁”も紹介されている。
もっとも彼女はまだ出番を待っている所だけど。
この巻の最後でMr.スミスは別の街へと発っていき、作者はしばらく彼の物語を折っていくというヒントを与えている。
おそらくアミルとカルルクからはしばらく離れる事になりそう。
それと彼は少し成長したみたい。
アミルは初々しい花嫁と母親の中間といった所ね。


●不明
詳細な作画は相変わらず素敵(服やキルト、穏やかに育まれ、近づいていくアミルとカルルクの活き活きとして愛らしい関係など)だけど、この巻には私にとって目に障り、残念な領域へと踏み込んでもいる。
13歳と20歳という年の差のアミルがカルルクに惹かれて行くのは私にととって支持しがたいし、彼女が彼に護られる事に心地よさを見いだしてるのは間違っているように見える。
彼は子供なんだから!
彼女が彼を護るべき!あるいは、少なくとも彼はもっと(彼女といる事で)安らぐようになるべきでは。
ステレオタイプな性別関係(か弱い女性と強い男性)がロマンスへの唯一の道であるという考え方は面白くない。
ラストの、外部からの観察者である西洋人人類学者によるあからさまなまとめも、私にとっては美化されていて不快だった。
でも、それがより正直な感想なのだ。
物語はその土地の民族の掟にこだわって描かれている。
しかし、この民族の物語はこれから倫理的でいられるのだろうか。
それとも掟は常にその力を行使する物語となるのだろうか。
私としては後者であって欲しくは無い。
確かにそういった掟を分類して観察し、理解する事は楽しくはあるが、それが正しいという保証はないのだから。

●ドイツ
私は森薫の織り成すこの作品のプロットと文化史を本当に尊敬している。
『エマ』よりも良いと思っているくらい。
しかし、もしこの漫画をプロットとロマンスのために読んでいるのだとしたら、これは森薫の作品としては最高のものではないかもしれない。

今回は北の強い部族にアミルを嫁がせようとする彼女の親族とのアクションが中心の物語に急転している。
(以前嫁がせた花嫁はその部族に泥のように扱われ、死亡している)
アミルと同年代の兄は、彼女を連れ戻す事に凄く不本意ではあるが、叔父は無慈悲であり定住民と遊牧民の間に争いが起こってしまう。
アミルは恐ろしい目にあるが、村人たちは勝利を収め、彼女の若い夫であるカルルクは最後の遊牧民が部屋に押し行って来た時、本当に活躍した。

その結果、アミルは彼の事を男として見るようになる(^^)
(偉大なる祖母が言うには、「嫁心ついたね。”gained the heart of a bride”」)
森による美しいヌードもあるが、子供な花婿とのあれではない。
単にアミルのバスタイムなだけ。

私たちは女性達の生活の全てと、氏族とは刺繍であるという事も学び、共同パン焼き竈へと訪問し、そこでまだ夫を見つけていない率直な村の娘と出会う。

カルルクの家に滞在していた人類学者スミスはたくさんの手紙を受け取り、彼は次の目的地へと移動する事を決意して、次巻への引きとなる。
(手紙はレディ・へスター・スタンホープからだと思う。この本では名前が無かったけど(^^))
(訳注:レディ・へスター・スタンホープは実在の人物で18世紀のイギリス人女性。貴族の家に生まれアラビアを愛し、ハーレムの詳細を初めてヨーロッパに紹介した人物:参考リンク
関連書籍:情熱的な巡礼者たち

カルルクとアミルは彼に道を譲り、森薫の声は彼の声となって人々の暮らしを謳いあげていく。
楽しいおまけによると、森薫は次は人類学者スミスを追いかけ、新しい花嫁を出したい、との事。

再び私たちがアミルとカルルクに出会う時、彼は西洋文化的に見ても充分夫として釣り合うだけの年になっているのではないだろうか。

●↑のレビューへのレスポンス
私の友達も凄く薦めてた!
彼女は作画が凄くビューティフルだと言ってた。
表紙をちょっと見ただけで、凄くディテールに富んでるって判った。

ところで、彼女の若い花婿は何歳なの?
彼ってchibiでキュート。

●↑レスポンスへのレスポンス
えっと、彼女は20歳で、舞台の時代と地方じゃ結婚するには年をとりすぎてるんだよね。
それと、すぐには思い出せないけど…彼は12歳、成長期の前なのは間違いないはず。

もしあなたがまだ森薫作品を読んでないなら、彼女の作画は信じられないくらい緻密!
彼女はビクトリア朝のイギリスをリサーチし、それを基に恋愛を中心にした物語『エマ』を描いたし、19世紀のシルクロードの部族についてもそうしたと信じてる。

●↑レビューへのレスポンス
あなたが強く勧めていたから今日読んでみた。
本当に良かった!気に入った。
これは『エマ』よりもいいと思う!


発売されたばかりという事もあり、コメントはまだ少なめでした。
※大抵続巻はコメントが減っていく傾向にあります
ただしレーティングは現時点で4.5と1巻よりも若干上です。

日本だと2巻はカルルクカッケー!って感想が多い気がするのですが、海外だとその辺はあっさり流されてる感じがします。
女性の読者が多いからかもしれません。
もっとも、たったこれだけの数を持って海外の感想と断ずる事はできませんが。
作画は相変わらず絶賛されています。
今回は刺繍の描写が受けていたようで、感想の端々に刺繍についてのコメントがありました。
確かにあの刺繍の描写はもはや正気の域とは思えないほどです。

さて、英語版の3巻は来年2012年3月27日発売予定で、こちらもハードカバーとなるようです。

コメントにもあるように巻末のおまけ漫画もしっかりと翻訳されて載っているようです。
※ちなみに1巻での巻末漫画はこんな感じ
a22f1c10.jpg

de10a56d.jpg


追記:カルルクの名前を修正。ずっと間違えてたっぽい…ご指摘感謝です




A Bride's Story, Vol. 1
A Bride's Story, Vol. 1
A Bride's Story, Vol. 2
A Bride's Story, Vol. 2
乙嫁語り(3) (ビームコミックス)
乙嫁語り(3) (ビームコミックス)
旅行人163号特集コーカサス~アゼルバイジャン+アルメニア+グルジア
旅行人163号特集コーカサス~アゼルバイジャン+アルメニア+グルジア