ff2ed9c2.jpg


日本は八百万の神々がいるように妖怪も無数にいます。
中でもトイレという場所は不浄であるとされているせいなのか、過去から現在に至るまで様々な幽霊、妖怪、都市伝説が生まれてきました。
海外のサイトでトイレや風呂に関係する日本の妖怪や都市伝説が紹介されていました。
※妖怪の紹介は抄訳です

引用元:6_types_of_japanese_ghosts_that_hang_out_in_toilet
スポンサードリンク



6)花子さん
18f696d9.jpg


おそらく日本で一番有名なトイレの幽霊だろう。
基本的に彼女は日本の子供たちがあえて怖い目に遭おうと召喚する。
トイレのドアをノックして”花子さん、いますか?”と言うと、彼女が返事を返すのだ。
時折彼女は姿も現す。
詳細は異なるが、一般的には昔ながらのおかっぱ頭に赤色のスカートを履いているとされている。

花子さんの正体はいくつか説があり、は第二次世界大戦の空襲で死んだ女の子の幽霊、あるいは変態、もしくは残虐な両親に殺された女の子の幽霊とも言われている。
彼女は様々なアニメや漫画に登場しおり、『ホーンテッドじゃんくしょん』ではナイスバディで小さすぎる制服を着た十代の女の子として登場し、『花子と寓話のテラー』ではトイレからトイレにテレポートする能力を持っている。


5)垢舐め
8103c22d.jpg


垢舐めは日本の妖怪で、汚い風呂などに棲んでいる。
その姿は人間のようだが、その肌は長い間風呂に入っていないように赤黒い色をしていて、長い舌を持っている。
漫画『ねこむすめ道草日記』ではブロンドの髪をした長い舌の少年の姿をしていて、(ねこむすめ含む)色んな物を舐めまくる。
この垢舐めはイギリスの児童書『Takeshita Demons:The Filth Licker』にも登場している。
関連記事:日本の妖怪が登場する海外の児童小説『タケシタ・デモンズ』、海外のレビュー

ねこむすめ道草日記 7 (リュウコミックス)
ねこむすめ道草日記 7 (リュウコミックス)

4)のっぺらぼう
6ac98b34.jpg


のっぺらぼうの攻撃方法とは、色んな所に現れて人々を驚かす事だ。
(しばし女子トイレにも現れる)
最初は目や鼻がついているが、その後何もない顔を見せ付けるのだ。
のっぺらぼうは日本で最も有名な妖怪の1つであり、ハワイでも目撃例がある。
それはムジナとも呼ばれている。

3)赤マント
6443d159.jpg


赤マントの伝説はこうだ。
何も知らない被害者がトイレに入ると「赤いマントが欲しいか」と聞かれる。
もし肯定的な返事をすると、哀れその人物は背中から皮膚を剥ぎ取られてしまう。
この幽霊は赤いマントを着、白いマスクをつけている。
そして信じられないくらいハンサムで女性を魅了する。
アニメ『ホーンテッドじゃんくしょん』にも登場し、女性キャラを魅了したりヒロインを護ったりしている。
また、ゲーム『真・女神転生』シリーズでは邪悪なキャラとなっている。


2)赤い紙青い紙
08dbe1b5.jpg


赤マントと同じように、赤い紙青い紙も被害者に選択を迫る。
この場合は赤い紙か青い紙だ。
どちらも碌な結果にならないのだが。
青い紙を選んだ場合は窒息してしまい(そして顔が青くなる)、赤い紙の場合は全身の血が抜かれてしまう。
赤い紙はその血で赤くなるのだ。
他の色を答えてはいけない、その時は地獄に送られてしまうからだ。
しかし、幾つかの話では正しい答えは”黄色い紙”となっている。
まさしくウンコやおしっこの色だからだ。

1)カシマレイコ
Teke Teke 2 (Japan Flix Trailer)


気をつけろ。この幽霊は『リング』の貞子と同じように、彼女の事を聞いた人の前に現れるのだ。
彼女は足のない幽霊で、他の幽霊同様に質問を迫る。
間違った答えを言うと、足をねじ切られてしまうのだ。
彼女は列車に飛び込んで足を切り飛ばされ、失った足を求めて世界中のトイレをさ迷っていると言われている。
彼女は比較的新しいので、上記の幽霊妖怪達ほどは名を上げていない。
それでも、彼女はゲーム『ペルソナ』シリーズで言及されており、姉妹シリーズの『真・女神転生』ではキャラクターとして登場している。
映画では似たような脚のない妖怪、”テケテケ”とミックスされて登場している。


↓この記事につけられたコメント

●マッツェ・ネインデランデラ
良いリストだ。面白いな。
日本のトイレが技術的に進んでいるのはトイレの妖怪に対抗するためなのかな?

●レイクス
ゴーストバスターズの技術がこの問題も解決してくれるだろう。
ゴーストトラップをトイレに仕掛けて汚物を取り除くんだ。

●エリアス・アルゴリズム
これって日本のハロウィンか何かなのかな?
いや、文句を言ってるわけじゃないんだ。
少なくとも太陽が登ってるときに読む事にしよう。

●アン・パックラット(この記事の執筆者)
↑違うよ。
私は妖怪の大ファンだけど、日本に6体もトイレの妖怪がいる事には驚きだよね。

●ファルシオン
↑妖怪を扱ったお勧めのサイトを教えてくれないか?
もちろん、ここでも情報は得られたけど、もし日本のクレイジーな幽霊について書かれた物があるなら共有して欲しいんだ。
自分も妖怪が気に入ったから!

●アン・パックラット
↑マット・アルトの書いた『ヨーカイ・サバイバルガイド』が気に入ったとしたら、ラフカディオ・ハーンの作品もいける思う。
著作権が切れてるからProject Gutenburgに行けば無料で読めるよ。
他のサイトも知ってるけど、別のコンピュータの中だから後で教えるね。

●ファルシオン
↑サンクス!
絶対に見てみるよ。
こういう類の物が好きなんだ。
もし他にお勧めがあれば大歓迎だよ!

●ギークゲームガール
情報を書いてくれてありがとう。
私はホラーのファンなんだ。
ラフカディオ・ハーンの作品もチェックしてみるよ。

●Sケモノ
このサイトはどう?
http://hyakumonogatari.com/

●ザック・デビッソン
私のサイトを勧めてくれてありがとう!
私は日本民話の美術を専攻して、私のサイトのhyakumonogatari.comは百物語というロウソクを使った怪談ゲームが基になってるんだ。
幽霊や妖怪の記事を翻訳して載せてるよ。
チェックしてみてくれ!

●アン・パックラット
リンクが正しければ、pinktentacle.comの都市伝説タグの記事が楽しいよ。
http://pinktentacle.com/tag/urban-legend/
Obake-mono Projectでは日本の怪物をたくさん取り扱ってる。

●エイリアス・アルゴリズム
ブックマークした。サンクス。

●カースドセイシ
こういう妖怪がいるのは日本だけにしてほしいな。
そうじゃなけりゃ、たくさんの人が足のない女の人に追いかけられることになっちゃうよ!
そういうクレイジーな事は家の中だけでも充分なのに。
リングの貞子に足のない親友が出来て欲しくはないね!

●アン・パックラット
↑のっぺらぼうはハワイでも出たらしいよ。

●ナードバーガー
キリスト教の宣教師が来たことによって日本の妖怪や幽霊がどうなったのかずっと不思議に思ってたんだ。

●カット・ヘール
このサイトで『ホーンテッドじゃんくしょん』が語られるなんて、涙が出てきたよ。

●リスロー
『ホーンテッドじゃんくしょん』は私にとって”去ってしまった”アニメなんだよね。
DVDが発売されて以来ずっと探してるんだけどまだ見つかってないし、ここカナダじゃ色んな理由で輸入もほとんどされてないんだ。
(訳注:日本ではDVD化されていないが、アメリカではDVDが販売されている)

●ベアー
>彼女は列車に飛び込んで足を切り飛ばされ、失った足を求めて世界中のトイレをさ迷っていると言われている。
これ、意味あるのか?
もし自分が同じ立場だったら、チェックするのは線路だと思うんだが。
ともあれ、面白いリストだった。
他の文化の幽霊や伝承を聞くのはいつだって面白いものだからね。

●ジモン66
↑彼女にとって替わりとなる足を捜すのに、トイレのドアの隙間が完璧な高さだからとか?

●ベアー
↑おお!確かにそれは理にかなっているな。

●ナット・ウー
もし足のない人間がカシマレイコに遭ったらどうなるんだ?

●ギークゲームガール
↑車椅子が壊されるんじゃない?

●ダグ・グラスマン
『鴉』を見直して、そこに出てくる妖怪を見てみよう。

●Cmホシン
少なくともこの妖怪たちは河童みたいに尻子玉を抜いたりはしないんだな。

●リスロー
このリストが気に入ったと言わなくちゃ。
妖怪って楽しいよね。
少なくとも、私の好きなアニメ『かみちゅ!』に出てきた妖怪は怖くなかったし。
何でか見ててハッピーな気分になれるから、このアニメが凄く好きなんだ。
幽霊物語が見たかったから、『巷説百物語』も楽しかった。

●リック・バスタードリイ
『ペルソナ』が『女神転生』のスピンオフなんだ。
それ以外は良かった。

●デモンキャット4
興味深いリストではあったけど、日本人がその妖怪や幽霊を退治しようとしない事に驚いたな。
最初、あるいは二番目の犠牲者になりたくないだろうに。

●Dr.アブラクサス
これは気に入った!
このリストは良かったよ。

●サムガイ
OK、まずこのリストに眼を通してからトイレに行く事にしよう。

●T-ドライブ
日本のトイレに何でそんなものが憑いてるんだ?
ちょっと謎だし…気色悪い…アメリカのトイレはそんな物に侵略されてないな。

●ア・ニンジャタイプ・スター
↑自分はそうは思わないな。
バスルームと幽霊にはたくさんの物語があるけど、我々の漫画業界はこういったテーマを扱うほど巨大ではないんだ。
上手く行けば近いうちにドーナツやドル札くらい見れるようななるかもしれないけど。

●ミスタークロックnv
↑完全に同意。
個人的な意見として、アメリカの現代ホラー漫画はダークな寓話だ(悪い事は悪人によって引き起こされる)。
対して日本のホラー漫画の場合は、悪い時に悪い場所にいる人がモンスターに殺されるんだ。

●アン・パックラット
>ちょっと謎だし…気色悪い…アメリカのトイレはそんな物に侵略されてないな。
私たちにもブラッディ・マリーの伝説があるよ。
バスルームの鏡の前で”ブラッディ・マリー”と3回唱えたら、鏡の中に彼女が現れるの。
参考リンク:wikipedia

●ゼノス
おおおおおお、赤い紙、青い紙の伝承、『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』に出てきた奇妙なトイレの幽霊じゃないか。

●ワッタ
のっぺらぼうをこのリストに入れるのが妥当とは思えないな。
他の幽霊たちのように特別トイレに関係しているわけじゃないし。
それと幸運な事に花子さんはエントランスから数えて3階のトイレにしか出ないから、そこさえ避けておけば安全だよ!

●アン・パックラット
実際、相当数ののっぺらぼうがバスルームに現れてるから。
60年代、ハワイの映画館の女子トイレに現れたのなんかが有名だね。
私の見た幾つかのソースでも、主に女子トイレで目撃されるとあった。
ひょっとして、のっぺらぼうって変態?

●スクラグ2112
もし何らかの理由で日本を訪れる事になったら、安全にアメリカに帰って来るまで我慢する事にしよう。

●メラニー・ヘイ
面白かった。
こんなにたくさんトイレの幽霊がいるなんて知らなかったよ。
知ってたのは花子さんと赤い紙と青い紙だけ。
素晴らしいリストだった!

●シャドーダンサー21b
『うる星やつら』に少女を誘拐して回る赤マントのエピソードがあったな。
彼は後に中年になり、妻の尻に敷かれている事が明らかになるんだ。





こうして見ると、確かにトイレに関係する妖怪・幽霊の多さに驚きです。
しかも何故か質問系が多い。
何処の学校にも怪談話・七不思議はあると思いますが、管理人の通っていた小学校はとにかく古かったので七不思議どころか八不思議、九不思議位ありました。
当然トイレの不思議もあり、それは真夜中にとある場所のトイレのとある個室に入ると便器から手が出てきて引きずり込まれるというもの。
ええ、学校行事で校舎に泊まるときは恐怖でしたよ。




都市伝説の女 1 (角川文庫)
都市伝説の女 1 (角川文庫)
闇の検証 第四巻: 江戸・東京都市伝説/パワースポット編 (霊能者・寺尾玲子の新都市伝説)
闇の検証 第四巻: 江戸・東京都市伝説/パワースポット編 (霊能者・寺尾玲子の新都市伝説)
ふしぎ通信トイレの花子さん 4 (ブンブンコミックスネクスト)
ふしぎ通信トイレの花子さん 4 (ブンブンコミックスネクスト)
学校のコワイうわさ 花子さんがきた!!1 [DVD]
学校のコワイうわさ 花子さんがきた!!1 [DVD]