b9120588.jpg


強大なボスと遭遇したキリトとアスナ。
第9話「青眼の悪魔」を見た海外の反応です。

引用元:MyAnimeList.netAnimeSuki.com
スポンサードリンク



●男性
今週のエンドカード
8ad3bcc5.jpg


●男性
↑なんかグレンラガンみたいだな。

●ベトナム:男性
ナイスアクション+音楽のナイスエピソードだった。

●不明
またリズが見れて良かった。
9af6b5a3.jpg


●不明
これは個人的にベストなエピソードだったな。
5分にわたる最高のバトル、素晴らしいシーンがあった。
次回が更に良くなる気がする、どんどん良くなっているよ!

●男性
これはOver9000の価値があるな。
グリムアイとダブルソード、これは何度でも見れるし、今までのエピソーでであったゴミみたいなアニメーションを忘れさせてくれるほどだ。
このバトル自体がOver9000だ。

●ブリュッセル、ベルギー:男性:25歳
そんなに驚きはなかったかな。
なんでキリトはダーク・リパルサーと同じ重さの剣に拘っていたのか不思議で、それは二刀流にするためだろうと思ってたんだけど、切り札とは思ってなかったんだ。
(第4話で出てきた敵が斧を2丁持ちしてたから、キリトの二刀流が唯一ってのはスタジオのミスなんじゃないかと思う)
予想通り転移結晶が使えない事が証明された事はちょっと満足かな。
今後はボス戦の時に単に閉じ込められるよりも更に神経を使うことになるのかな(麻痺するような床の罠とか)
ともあれ、全体的に上手くテンションを盛り上げてたと思う。。
あまり小うるさく言うつもりは無いけどデザインやアニメーションに一貫性はなかったけどね。
攻撃の衝撃が派手すぎて、キリトは静止画が多かったしちょっとシャフトっぽくなってた。
最近のエピソードは2~7話のスローテンポを補ってるね。

●男性:26歳
>(第4話で出てきた敵が斧を2丁持ちしてたから、キリトの二刀流が唯一ってのはスタジオのミスなんじゃないかと思う)
その通り。
自分もロザリアの部下の1人が斧を2丁振り回してたのを思い出したんだ。
その武器はフレームからフレームに行くたびにツルハシから普通の斧に姿を変えていったから、そこからもスタジオの混乱が伺えたな。
でもその斧使いがキリトに襲い掛かる前に武器が輝いてたから、言い切るのは難しいけど。
それとも、キリトのスキルをより的確に表わすなら”デュアル・ブレード”なのかもしれないな。
二刀持ち出来るのがキリトだけ、という事なのかも。
斧やハンマーを2つ持つのはユニークスキルじゃないなんだけど、クラインの持ってるような刀の場合はレアとか。
もちろんこれは個人的な考えだけど、たぶん4話で斧を2丁持ってた男はスタジオのミスなんだろうな。
これをタイプしてる最中に別の考えが頭の中をよぎった…
もし素手での戦闘スキルを学んだ場合、これは自動的に”2丁持ち”になるんじゃないのか?
それとも片手限定になるのか?

●26歳
日本語だと文字通り”二刀流”なんだよな。
スタジオのミスだと思うよ。

●不明
あちこちで人が死んでるのに、それでもキリトは闘おうとしなかったな。
アスナが飛び込んだから、彼も決心したわけだ。
別にキリトを非難するつもりは無い。
自分だってよく知らない人間相手にリスクを冒すつもりはないからね。
でも、アスナの行動の方がもっともっと英雄的だったな。
彼女は特別なスキルを持っているわけじゃなかったけど、それでもただ突っ立ってみんなが死んでいくのを見過ごす事が出来なかったんだ。
アスナこそ真の英雄だよ。

●モスクワ、ロシア:男性:23歳
音楽は良かったけどバトルは普通だった…もっと凄いのが見たかったんだ。

●不明
ハハ、ようやく二刀流の登場か。
素晴らしいエピソードだった。
…アスナラブ。
英雄的行為に関してはアスナもキリトも同じだと思ってるよ。
アスナは行動が早く、キリトは以前の経験からネガティブな思いに囚われていた。
にも関わらず、彼も数秒後には向かっていた。
(彼は今まで1人で誰かを必要とした事はなかったから、これは今までの彼のキャラとは違っていた。そこがポイントなんだと思う)
アスナの速さは彼に影響を与えた。
2人はお互いを補完しあういいペアだと思うよ。

●不明
キリトとアスナの関係はダイナミックで凄く良いね。
戦闘もナイスなエピソードだった。

●男性
ユリンがフラッシュバックに…
二刀流で『キングダムハーツ2』をプレイする事にしようかな

●不明
凄く満足のいったエピソードだった。
サイドストーリーがちゃんと関わってきてるのが良いね。

●男性:23歳
OK、”Congratulations”の文字がサウンドエフェクトと共に現れたときに笑っちゃったのは俺だけなのか?

●男性:36歳
でもキリトは勝利のダンスを踊らなかったな。
それと彼が留めの一撃を加えた時にボスがドロップするアイテムをゲットしてなかった。

●不明
ボスキャラがかっこよかったな。
SAOでお気に入りのキャラになった。
多分アスナの次くらい。
素晴らしい闘いだったよ。
チートスキルだけじゃなく戦術や反射神経を駆使する必要があるからボス戦が好きなんだよな。

●ウィーン、オーストリア:男性:29歳
>OK、”Congratulations”の文字がサウンドエフェクトと共に現れたときに笑っちゃったのは俺だけなのか?
自分もだ…かなり笑った。
キリトは回復した後に”奴は何を落としたんだ”と言ってたんだろうな。

●男性
余計な一言:アスナは彼に回復ポーションを注いでたはず。

●男性
アニメーション、音楽、リアクション、ロマンス、10点満点だ。
実にワンダフルなエピソードだった。
クラインが今もキリトを気にかけてるのも良かった。

●不明
素晴らしかった。
一週間待った甲斐があった。
このアニメがアクションよりも人々のつながりに重点を置いてる事を思い出したよ。
しかもそれって良いことなんだ。

●エカテリンブルグ、ロシア
たった今見終わった。
魅力的で凄く楽しかったよ。
戦闘シーンもよく動いてたし、キリトがボスに挑む様はなんと表現していいかわからない位だ。
アスナがピンチの時に剣のグリップを変えて斬撃を受け流してたのが良かった。
戦闘中のアングルも良かったね。
戦闘中の音楽は息をつかせなくするほどだ。
キリトのHPが残りわずかだったのにはヒヤヒヤしたよ。
アスナがずっと彼に抱きついてたのはキュートだったな。
可愛いカップルだね。
決闘に関してはエキサイトしすぎてどうしようもないくらいだ。
もし彼が負けたとしても、アスナと分かれるわけじゃないんだよな?
だよね?
2人はいつでも2人で1組なんだよな?

●不明
第7話で描いてなかったのにリズが”デュアルブレード”の事を知ってるっぽかったのを不思議に思ったのは自分だけか?
以前の事は忘れたが、ナイスなエピソードだった。
アスナはスパイスの研究にどれだけの時間をかけたんだろうな?
自分だったら研ぎや均しのスキルの方が楽しそうだ。

●アメリカ:男性
素晴らしいエピソードだった。
キリトがリズにデュアルブレードの事を言ってたのが良かったな。
スクリーンに映してはいなかったけどね。

●ハンガリー:男性
1つ気になってしょうがない事がある。
ボスは何を落としたんだ?

●アルバカーキ、ニューメキシコ州、アメリカ:男性:20歳
スキルについてよく分からない所がある。
彼らは呼吸をし、食事をし、眠り、歩き回ってるんだよな?
何でわざわざメニューを回して二刀流にする必要があるんだ?
自分にとってかなり意味の無いことのように見えるんだが。

●男性
↑それは大した問題じゃないな。
別に二刀を持つ事は出来るけど、そのままじゃ二刀のスキルは有効化されて無いんだ。
もし自分が一刀のスキルに設定してたら、システム的にバランスが崩れてソードスキルが中断されてしまうだろう。
だからデュアルブレードに設定する必要があるんだ。

●アメリカ:男性:21歳
アメージングだった。
キリトのデュアルブレードスキルには言葉も出ないほどだったよ。
キリトとアスナの関係が進んだのも良かったな。

●不明
キリトの闘いが短くてよかったよ。
もし長くなってたら何でアスナとクラインは驚いてばかりで死にかけてるキリトを助けてやらないんだと思うところだった。

●不明
キリトはボスを倒した。
ソロで。
あの男はそんな相手に決闘で勝てると思ってるのか?
冗談だろ…(笑)

●アメリカ:男性
ホーリィファッキンシット、ボス戦は良く出来てたな。
駄目な戦闘シーンやキリトのあれな顔は所々にあったけど。
リズとエギルのシーンは正直予想してなかったけど良かった。
それと今回の音楽は良すぎる。

●フィリピン
素晴らしいエピソードだった。
キリトがクラインの話を腹パンで中断させた所が良かった。
アスナに向かってくる相手への対処方法をよく分かってるよ(笑)





遂にキリトが二刀流を披露。
ユニークスキルだと言ってるけど斧を2丁持ってる奴いたじゃん、という突っ込みも。
すっかり忘れていた。
果たしてボスは何をドロップしていたのか。

追記:引用元のリンクを修正。ご指摘感謝です




ソードアート・オンライン 2(完全生産限定版)(Blu-ray Disc)
ソードアート・オンライン 2(完全生産限定版)(Blu-ray Disc)
そーどあーと☆おんらいん。 (DCEX)
そーどあーと☆おんらいん。 (DCEX)
ソードアート・オンライン アスナストラップ
ソードアート・オンライン アスナストラップ
ソードアート・オンライン アニメ版 ICカードシール
ソードアート・オンライン アニメ版 ICカードシール