c45a4ad2.jpg



日本では素揚げや天ぷらに抹茶塩やカレー塩を付けて食べることがよくあります。
対して海外では揚げ物にはケチャップやバーベキューソースなどのいわゆるソースをつけて食べる事が多いようで、日本の揚げ物に塩をつけて食べることが紹介されていました


引用元:thekitchn.comlifehacker.com
スポンサードリンク


私が初めて日本で天ぷらを注文した時、普段使っているソース(天つゆ)の替わりに風味の付いた数種類の塩を出されたのには驚きました。
驚きは、塩を付けることが揚げ物にとって最高の組み合わせで、ソースでベシャベシャにする事なくたくさんの味を追加してくれる事に気付いた時喜びに変わりました。
天ぷらのように軽くてサクサクの衣をつけるフライ料理にとって塩を付けるのは特に良い使い方です。
空気のような衣の質感を邪魔する事がありませんから。
フライドチキンや揚げたオクラにも素晴らしいですよ。
(トップの)写真は私がフルール・ド・セル(フランスの天日塩)に抹茶、黒コショウ、スモークしたパプリカを混ぜたものですが、他のシーズニングもいけると思います。
(ハーブやスパイスは塩と混ぜる前にスパイスグラインダーで細かくしておきます)
砕いた黒ゴマや、細かくすりおろしたレモンの皮、粉砕したチリパウダーなんかはどうでしょうか?




ごま塩!(黒ゴマと海水塩)
何年も前から自分達で作っててて、よく使ってるよ。
素晴らしい風味があるし、塩分カットにも役立つよね。
ご飯と蒸した野菜に使うのが特に美味しいよ!


ちょっと違うけど、焼肉屋に行った時はごま油に塩を入れたのをたれに使うのが好きだな。
常にあるという訳じゃないから、どういう肉を注文したら出てくるのかは分からないけど。


サンフランシスコのミッション地区にあるMinakoに行った時に特に美味しかったのはキノコの天ぷらをカレー塩で食べたのだったな。
テーブルの数フィート先からアメージングなカレーの匂いが漂っていて、天ぷらに素晴らしい味を追加してくれたよ。
それまでは考えた事もなかったけど、その食事の後では凄く良いアイディアだと分かったよ。


塩と乾燥させた柑橘系の皮を合わせるのは絶対に好きになりそう。
付けた料理の風味を高めるだろうし、組み合わせは無限にあるだろうな。


5月にパリに行った時、風味付きの塩のクオリティと種類の多さに驚いたよ。
驚く位美味しかった。



フライにソースをつけることはたくさんある。
失敗を低減させたり味をよくするために、ソースの替わりに塩につけたり、塩をハーブやスパイスと混ぜたもので味にパンチを効かせてみるのを試してみてはいかがだろうか?
The KitchnのAnjali Prasertongが日本で天ぷらを注文した際に、料理と一緒に普段出されているようなソースの替わりに塩の入った小さなボウルを出された事を紹介している。
その塩を付ける事で重くなったりソースで湿ったりする事なく風味の多い料理となったのだ。
風味付きの塩は食料品店で簡単に見つける事が出来るが高価だ。
彼女は家の周りで手に入れられるスパイスと塩でフライ料理に同じ効果を与えられるものを作る方法を紹介している。
独特なものを思いつくために色んなもので試してみよう。
自分だけの風味付き塩を持っている人はいないだろうか?




色んな理由から料理のディップとして塩を使うのは良いアイディアだとは思えないんだよね。


↑元記事で明らかにしてるかと期待してたんだけど、そうじゃなかったみたいだ。
(塩を使うのは)ソースに使われているほど塩分を取る事が無いんだよ。
そもそもの目的は塩にちょっとタッチさせることで塩分を減らす事であり、スパイスやハーブはそこから先の話なんだ。
塩を料理全体にまぶすことはないんだよ。


↑肉を(ハーブと一緒に)揉むのは、料理にハーブの風味を入れる調理方法の1つだしね。


↑同意!
バーベキューソースで食べるのもいいんだけど、時々肉とハーブを一緒に揉んで作るよ。
凄く美味しいんだ。


↑確かにその通りだね。
私はモントリオールステーキシーズニングが大好きなんだけど、これも塩がベースになってるし。
私が間違ってた。


↑いやいや、謝る必要はないよ!
そういう所もあるというだけで。
それに私もモントリオールステーキシーズニングは大好き。
何にでも使ってるよ。


実際の所、肉や魚を塩でコーティングするのはローストの下準備として凄く良い方法なんだよね。
それを聞くと凄くしょっぱいと思うかもしれないけど、そんなことは無いんだ。


↑確かに!
Salt-domed fish(塩釜焼き)が凄く美味しい事をすっかり忘れてた!
ファンタスティックな料理だよね。


以前テレビで何人かのシェフが、みんなが家庭で作る料理は下準備をしていないからレストランのような味を出せないと考えているが、それは塩を十分に使っていないのがほとんどの理由だと言っていたのを思い出したよ。
塩は風味を強化してくれるんだ。
私はガナッシュにだって塩を入れるよ(ほんの一つまみ)
それにホットショコラに入れるとチョコの香りが引き立つんだ。
風味の話をするなら、スーパーテイスターの料理人はいるんだろうか?
スーパーテイスターが何なのか知らない人のために言うなら、それは舌の上の味覚受容体が他の人よりも多い人達の事なんだ。
(これは原始人が何が有毒か知るために備わっていたと考えられている)
スーパーテイスターの人達が作る料理は当たり障りのない味になりがちだから気になるんだ。


↑塩はどんな風味も引き出す事が出来るよね。
(甘い食べ物でも)
あなたの言う通り、たくさんの人が塩は塩味を出すだけだと考えているけど。
むしろ味蕾の上の全てを活性化させるんだけどね。


ふーむ、ソースに料理を浸す事こそが最高なんだが。


↑その通り!
他につけられるソースがあるなら更につける位だ!


↑まだまだだね。
一度私の食糧棚を見せてやりたいよ。
どう使うのか分かっている以上のソースを持っているし、そこから更に新しいソースを作り出してもいるんだ。
自分のソース好きは問題になるレベルだよ。


>他につけられるソースがあるなら更につける位だ!
天才。
もしレストランでそういう事が出来るんなら割れたガラスの上でクロールしてもいい位だ。
例えば、固まったバーベキューソースをハニーマスタードに浸すとかね。
イェイ、ベイビー。


↑もっといいのがあるぞ。
フライにバーベキューソースをかけて、ハニーマスタードを脇に添えるのはどうだ。


でも、俺はソースを使うのが好きなんだよな。
どんな料理にも何らかのソースをつけて食べてるよ…
大抵はブラウンソースだね。
ケチャップは極稀に、マヨネーズは時々、チリソースも時々かな…
ソースは美味いよ。
それ無しじゃ料理を食べるのに苦労する位だ。
フライドポテトをソース無しで食べる人には混乱して怒りを覚える位なんだよ。
しかもソースを使う人だって最後の方にほんのちょっぴり使うだけで、一噛みしたらもう付けようとはしない。
俺はソースをどっぷりつけるのが大好きなんだ!!


何かと混ぜた塩が揚げ料理と上手くマッチするかどうかは知らないけど、グリル料理には凄く合うね。
1つ思いつくのはフレンチフライ(フライドポテト)やベルギーフライ(フライドポテト)を作る時に、新鮮なハーブ(もしくはドライハーブ)、塩、コショウ、ニンニクや他のスパイスを大きなボウルに入れて、二度揚げしたフライドポテトをその中に放り込むんだ。
そうすればニンニクやハーブからたくさんの風味が出てくると思うな。


悪い、でも塩にはクリーミーガーリックソースのようなクールでクリーミーで美味しい味は出せないと思うんだ。


塩とスパイスを料理のディップとして使うのは考えた事もなかったけど、ある意味理に叶ってると思うな。
自分は素材の持つ風味よりもむしろ塩とハーブを料理のベースに使っているから。
例えば、ハンバーガーの場合だと卵、パン粉、各種ソース等、肉に直接入れて風味を付けるためのレシピをいくつか持ってるんだけど、満足のいくものが無かったんだ。
『celebrity chef』で塩と胡椒を多めに入れて、その後でガーリックパウダーを追加するという方法を知って、それで満足いくものが作れたよ。
時としてシンプルなのが最高のものになるよね。






各種風味付きの塩は海外にも数多くあるようなのですが、揚げ物料理に使う事はあまりないのでしょうか。
天ぷらは天つゆも良いですが、抹茶塩、カレー塩も美味しい。

おまけ:いつもの

01df8ffb.jpg





95fb705c.jpg





e938f02b.jpg





dc482bb4.jpg





dbac89dc.jpg





沖縄の海水塩 青い海 500g
沖縄の海水塩 青い海 500g
雪塩シーズニング6種お試しセット (抹茶・カレー・ゆず・ハイビスカス・ブラックペッパー・黒ごま)
雪塩シーズニング6種お試しセット (抹茶・カレー・ゆず・ハイビスカス・ブラックペッパー・黒ごま)
カラダとココロが喜ぶ塩選び&ごちそう塩レシピ
カラダとココロが喜ぶ塩選び&ごちそう塩レシピ
石垣の塩ちんすこう 箱入 2個入×12袋
石垣の塩ちんすこう 箱入 2個入×12袋