03407

『ダンジョン飯』の最新話が放送されました。
第16話「 掃除屋/みりん干し」を見た海外の反応です。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●comment
ダンジョンが負ったダメージをどういう風に魔力で回復していくのか、今までどんな作品でも説明されてこなかったと思う。
この作品の世界観には驚かされるばかりだ。

ライオスたちが探索中に魔物を食べていたと知った時のカブルーの反応が凄く良かった。
ライオスがオークは心配ないと言った時はオークすら食べてきたと思ってたし。
あとラストシーンで流れてた音楽が最高に盛り上がった。
ファリンを救い出すためにレッドドラゴンと戦うことから始まった物語が今やファリンとレッドドラゴンのハイブリッドと戦うことになってきそうだな。

●comment
↑自分があの場にいたらカブルーと同じ反応を示したと思う。
というかライオスが魚人は食べてもいいけどオークは食べないという線引きをしてたことに驚いたくらい。
オークは知性があるから人間的すぎるんだろうな。

●comment
↑あとオークは魔物じゃない。
ダンジョンに住まざるを得なくなった人の一種だ。

●comment
↑確かにそうだった。

●comment
↑オークは亜人だぞ。
カテゴリとしては魚人と同じ。

●comment
↑そうだとしても魚人はダンジョンが生み出した魔物で意思疎通ができないのに対してオークはできるからやっぱり違いはあると思う。
オークは(※コボルトの)クロと同じでメニューには載らないんだろう。

●comment
今回ラストで流れてた音楽はどこで聞けるんだろう?
メチャクチャ良かったんだけどフルバージョンが見つからない!

●comment
↑まだリリースされてない。
今年の7月24日にCDでリリースされる予定。
アニメ終了後にデジタルでも配信されると思うからそれを待つことになりそうだ。

●comment
『ダンまち』のダンジョンも自己修復してたな。
こっちもダンジョンものファンタジーとしてお勧めだ。

●comment
センシを締め上げてる時のタデの筋肉が半端なかったな。
タデとミックベルのコンビ最高。
ダンジョンの修復について説明がされた作品は自分が覚えてる限りこれが初めてだったと思う。
九井先生は本当にあらゆる部分をカバーしてるね。

そしてようやく各パーティーのリーダーが一堂に会したわけだけど、カブルーは速攻でライオスと仲良くなったな。
ただし自分が魔物料理の沼に嵌りかけてることは気付いてなかったけど。
ライオスは社交力のなさからシュローを怒らせたけど彼等なら密告することはないだろうと判断して経緯を説明したところがサイコパスみたいな発想で良かった。
カブルーだったら上手いこと言いくるめられたんだろうな。
来週が楽しみすぎる。

●comment
ライオスがシュローとカブルーに魔物を食べながら探索してたことを打ち明けた時の笑い声は英語吹き替えだとかなり狂気じみてて良かった。

●comment
>ダンジョンの修復について説明がされた作品は自分が覚えてる限りこれが初めてだったと思う。
他にもバジリスク、コカトリス、魚人、動く鎧が卵で増えることを再三にわたって示していることを忘れてはいけない。
ライオスがチルチャックにミミックはひっくり返すと性別がわかると言ってたり、魔物も魔法で増えてるわけじゃない。
魔物をメインとせずにこれほど細かく解説してる作品は他に知らない。
この作品の世界観はとにかく素晴らしいの一言に尽きる。

●comment
ライオスが見た幻覚がストーリーの都合で無視されたり曲解されるんじゃなくてすぐに理解と対処されるのが『ダンジョン飯』のシンプルだけど凄く良い部分だね。
普通のファンタジーだったらライオスが幻覚のことを秘密にしてたりそれ自身が重要なプロットとして延々引っ張ることになってたと思う。

●comment
クリーナーがケン助の鍔の形を変えようとしてたのに気づいた。
良いね。

●comment
キメラファンだからファリンの変身が素晴らしかった。

●comment
ファリンが。

●comment
チルチャックは気を付けるべき相手を間違えたんじゃ。
カブルーは”友達が考え得る限り最悪の禁忌を犯したけど彼の妹を愛している。どうしたらいいんだ?”という大場面を砂被りで堪能してたな。

●comment
↑昔の仲間に再会したと思ったら正義と人情の板挟みになってたシュローが可哀そうすぎる。

●comment
カブルーの笑顔が怖すぎる。
何故か彼がラスボスになる気がする。

●comment
↑目が青いしね。
※海外には娯楽作品の目の青いキャラは不気味な視線を投げかける描写が多いというミームがある

●comment
EDで狂乱の魔術師と一緒にいた巨大な鶏のような魔物が何者なのかこれでわかったということか。

●comment
↑ファンの間ではメガウルトラチキンと呼ばれている。

●comment
ドラゴンが鶏の祖先であることが証明されたな。

●comment
リンシャがカブルーに言い返すのを恐れてるように見えたのはちょっと興味深いな。

●comment
↑リンシャはカブルーに惚れてるはずなのにあの反応が出たのは確かに気になったな。
健全な関係とは言えないのかも……

●comment
センシがクリーナーを嫌ってるのは聖なるダンジョンのエコシステムを台無しにしてるからではなく単純に迷惑だからというのが面白かった。
あと派手な料理の名前が並んだ後で”東のほうの飯”という普通な料理が出てきたのがありがたかった。
この休憩の後で行われるボス戦のタイトルは決まったな。
”Falin, the Fallen(※堕ちたファリン)”だ。

●comment
↑クリーナーが魔法生物だからだな。
センシは魔法を嫌ってるから。

●comment
ライオス、カブルー、シュローの3パーティーが勢ぞろいしたな。
カオスの予感しかしない。
チルチャックはどの組を選んでも危険なことになってたと思う。

●comment
今回最高の料理はドラマだったな。

●comment
↑カブルーの大好物だ。

●comment
↑カブルーは銅を探してたら金を見つけたという感じだったな。
シュローのパーティーは攻撃力だけじゃなく待ち伏せにも長けていたのか。
チルチャックはライオスたちの組に行くべきだったな。

●comment
>今回最高の料理はドラマだったな。
そして一番の調味料は”愛”。

●comment
俺たちが見ていたのは『はたらく細胞』だったのか。

●comment
↑”迷宮は何を食べてるんだろうな”
ダンジョン飯、嗚呼ダンジョン飯。

●comment
↑それが主人公たちを悪役にしてるんだと思う。
ダンジョンは単に異物を排除しようとしてるだけで。

●comment
こういう”リセット回”ですら世界観の説明が入るのが『ダンジョン飯』なんだね。
今回もマルシルは可愛かった。
毎回そうなんだけど、カエルスーツ姿のマルシルが可愛いというのは全員が同意すると思う。
しかも食事の時ですら脱ごうとしてなかったから本当に気に入ってるのかも。

しかしライオスたちは本当にPvP(※プレーヤー対プレーヤー)ではなくPvE(※プレーヤー対環境)に特化してるんだね。
シュローのパーティーがその気だったらあそこで全滅しててもおかしくなかった。
でもシュローと再会したライオスが嬉しそうで良かった。
ナマリやファリンと再会した時でもここまで嬉しそうじゃなかったような。
残念ながらその気持ちは伝わってなかったみたいだけど。
”説得”でダイスの目が1だったから剣を突きつけられる羽目になってた。

あとチルチャックのメンバーに対する印象が最悪で笑った。
まあ魔物マニアについては当たっているとも言えるか。
センシに関してはマイヅルと話してる間は普通、というかむしろ思慮深く見えたな。

カブルーはライオスに興味を持ったふりをしたことを後々後悔することになりそうだ。
あと目の前のドラマに夢中になり過ぎてるような。

それから最後に流れてた音楽が凄く良かった。
エピソード全体を不気味で壮大なものにしてた。
でもファリンがかわいそうだった。

●comment
キャラが一気に増えたな。
出演時間の長さを考えるとタデはこのアニメでも特に好きなキャラになったかもしれない。
蜘蛛の糸に巻かれながら跳ね回るライオスが大型犬みたいで良かった。
カブルーは危険だと思う。
頭が良いし魅力がある。
友好的なのは情報を集めてる時だけな気がする。

●comment
↑ライオスとカブルーは多くの点でお互い補完し合う関係になってるんだよね。
ライオスは魔物の知識が豊富で直感力のあるマイペースな人間だけど共感、知覚、情報集のに至るまであらゆる面で対人スキルが酷いことになってる。

一方でカブルーは魔物に対する知識がなかったせいで二度も仲間を死なせているけど知性的でカリスマ力があり、常に思考している。

ダンジョンを下りている時はいろんな面でライオスの強みを見ることができたけど、人数が増えてメインキャラに助けが必要になってきた今の展開ではカブルーが輝きだし、危険な存在になってきてる。
まだカブルーが危険かどうかはわからないけど目の前を横切りたくない人物ではある。
以前にチルチャックがライオスに助言したように、カブルーは人間のことを知り過ぎている。

●comment
”次は魔術の消化器官か”
”その場合迷宮は何を食べるんだろうな”
あっさり流されてたけどこれが恐ろしい伏線になる気がしてならない。

●comment
↑作者が英語版のタイトルを『Delicious in Dungeon』にしたのはそこに理由があるのかも。







登場人物が一気に増え、物語も動き始めてきました。
シュローとカブルーのパーティーが加わったことで人間関係にも変化が生まれてきそうです。





B07BVMWHMF
ダンジョン飯 6巻 (HARTA COMIX)